Updates

オルタナティブ投資のデジタルプラットフォームLUCA、Xen Capitalと戦略的パートナーシップ締結

3 minutes read

2022年1月31日:オルタナティブ投資のデジタルプラットフォームの構築・運営を目指すLUCAジャパン株式会社(“LUCA”)は、シンガポールに拠点を持つXen Technologies, Ptd.(”Xen Capital")と戦略的パートナーシップを締結した。

このパートナーシップを受け、今後LUCAはXen Capitalのプロダクト開発チームと協働し、日本市場向けのデジタルプラットフォーム構築を進めるほか、投資商品のファンドソーシングなどでも協力する。LUCAはこのプラットフォームを通じて、世界基準のオルタナティブ投資ファンドを紹介し、顧客管理、レポーティングのサービス提供を行うことを目指しているが、Xen Capitalはそのインフラ構築を担うことになる。 LUCAは、プラットフォームのソフトローンチを2月末に予定している。

Xen Capitalは主にシンガポール、香港などアジア地域の投資家を対象にオルタナティブ投資プラットフォームを運営している。これまで様々なオルタナティブ・ファンドを提供してきたほか、プレIPOなどの取引も多く投資家を拡大している。  

今回の戦略的パートナーシップ締結に関して、LUCAのシデナム慶子CEOは以下の通りコメントした。「Xen Capitalのプラットフォームは、B2Bにおけるホワイトレーベルでの情報提供を可能にするなど、LUCAの目指す事業戦略とプロダクトの柔軟性が合致しており、地域的特性においても協力関係が築けるとして今回の合意に至りました。日本におけるプロダクト提供が迅速に進むことを嬉しく思います。」  

また、Xen CapitalのCEOであるKatrina Cokengは以下のようにコメントした。「LUCA Japanとの戦略的パートナーシップの締結により世界基準の優良なオルタナティブ投資商品を日本の投資家に提供するミッションの一助を担えることを嬉しく思います。当社のデジタルプラットフォームは日本の中小機関投資家、ディストリビューター、富裕層へのオルタナティブ投資に対する様々な課題を解決することが可能です。オルタナティブ業界において経験豊富なCEOとLUCAチームメンバーとパートナーシップを通じて協力関係を築いていくことを楽しみしています。」  

LUCA は2021年7月、オルタナティブ投資のプロセス効率化と投資家層の拡大を目指し、シデナム慶子CEO、Headline Asia、ノースビレッジ・インベストメント株式会社による共同出資にて設立された。日本の投資家向けにプライベート・エクイティ、ベンチャーキャピタル、不動産・インフラ、プライベートデットといったオルタナティブ・ファンドへの投資を可能とするデジタルプラットフォームの運営を行うことを目指している。日本フィンテック協会の協会員。

Xen Technologies Pte. LTd. (“Xen Capital”) はシンガポールにて2018年に設立された。ウェルスマネジャー並びに資産運用会社向けに投資商品の提供の効率化を目指し、顧客管理ソリューションを提供するフィンテック企業。Xen Capitalの運営するプラットフォームは、顧客のKYC、投資申込書の署名、管理、運用報告などのサービスをワンストップで提供することにより、拡大しつつあるデジタル世代の投資家などの顧客層を取り込みたいウェルスマネジャー並びに運用会社に対し、ソリューションを提供している。

問い合わせ先:info@luca.inc

LUCAジャパン株式会社 (https://www.luca.inc)

東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル4階FINOLAB

03-6822-2060(代表)